FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!

久しぶりの更新になってしまい申しわけありません。
本日は学部四年の西本がお届けいたします。


本日も豪華なランチを用意してくださいました!

190306


ちらし寿司風ごはん
あげとほうれん草の味噌汁
こんにゃくおでん
白菜のつけもの
豚肉とブロッコリの揚げ物
豆腐人参きのこの炊き合わせ

です!


春らしく爽やか華やかながらもボリュームのあるメニューで本日も美味しかったです!
とくに豚肉とブロッコリの揚げ物は、作ってくださっている地域のお母さんがメディアで見かけたらしく、作ってみたかったとのこと。すごく上手に作ってくださいました!

また、三月中は新たなたわら屋メンバーも順次活動に参加予定です。
ぜひお声がけください!


お知らせですが、水曜ランチは再来週の3月27日と4月3日はお休みです。
ご注意ください。
スポンサーサイト
みなさまこんにちは。中川です。
今回は更新できていなかった1/23の模様を遅ればせながらお伝えしようと思います。
駆け足になるかと思いますがご容赦ください。



さてさて、この日は開始早々いつもと一味違った風景が広がっていました。


というのも…

DSC_0088.jpg

なんとお餅が焼かれていたのです。
今更お正月気分?!?!




いえいえ、違います。
なんとこのお餅…

DSC_0085.jpg

そう、ぜんざい用のお餅でした。
美味しそう!!!




DSC_0087.jpg

あたたかいぜんざいが体に染み渡ります。
お餅をそのままではなく一旦焼いてからというのがいいですね!


ぜんざいというと、この日の二日後に控えた天神講(※1)を思い出しました。


今年もこの時期が来たか〜という感じです。福井県民にしかわからないと思いますが笑。



===========================================
(※1)
知らない方のために福井県民である中川から天神講について説明させていただくと…
お正月からこの時期にかけて学問の神様 菅原道真公の描かれた掛け軸を床の間などに飾るのですが(これは全国的でしょうか…?)、福井では天神講の日(毎年1/25、菅原道真公の命日)になると、その掛け軸に、焼きカレイ・ぜんざい・お神酒等をお供えする風習があります。お供えした焼きカレイを子供に食べさせると学力が向上すると言われています。

===========================================


そして、ぜんざいを美味しくいただいた後は、いつもの水曜ランチをいただきました。
なんて豪華で幸せな日でしょうか!




この日のメニューはこちら

DSC_0094.jpg


煮鯖
なすとイワシの煮物
カニカマとほうれん草のサラダ
ご飯
お味噌汁
みかん
水羊羹




デザートに水羊羹というのがまた福井の冬らしいですね!



ぜんざい共々ごちそうさまでした!



ではまた
みなさまご無沙汰しております。中川です。
二週間ぶりですと言いたいところですが、先々週分のブログを更新できておりませんので、三週間ぶりになります(申し訳ありません…)。この次の記事で先々週分の記事も書こうと思います!


今年も寒さが厳しい時期になりましたが、雪はあまり積もらないので、食料をはじめとする生活物資の調達には(昨年に比べれば)さほど困らないのではないでしょうか。


とは言っても、寒いことに変わりはありませんので、 ”あたたかいご飯” を食べて元気に過ごしていきたいものです。



それでは、今週の献立といきましょう!


水曜ランチ190206_1

大豆ハンバーグ
中国の水餃子
すりつぶした薄揚げと大根、人参の和え物
漬物
ご飯
味噌汁

DSC_0130.jpg

オレンジピール

ビスケット





ハンバーグに水餃子と、一見かなりボリューミーなメニューとなっていますが、じつはこれがすごくあっさりしていて食べやすい!お腹に優しい!もちろん美味しい!のです。



どうしてかというと、、、



まずは水餃子から。
この水餃子は、いつも料理を作ってくださる方のお知り合いの中国人の方が作ってくださった本場中国の水餃子です。
皮がもちっと分厚く、中はジューシーだけど意外にもニンニクは入っていません。味付けはポン酢です。
聞いただけでも健康的なのがわかると思います。
それでも味付けはしっかりしていてご飯が進むのですからすごいですよね!



そしてハンバーグ
先日2/3に、もりみちプロジェクト(※1)の味噌作りが行われたのですが、このハンバーグはその味噌作りの過程でできた、すり潰された大豆などを中心とした材料で作られているため脂っこさが一切ありません。
味は薄めですがそれによってソースとの相性が抜群です!それぞれがそれぞれを引き立てる、まさに調味料と料理の理想的な関係です。

※1もりみちプロジェクトFacebookページURL
https://www.facebook.com/morimichi.project/




また、あたたかいお味噌汁にももりみちプロジェクトのお味噌(昨年のもの)が使われています。
これがまたとても美味しいのです!玉ねぎ、薄揚げ、じゃがいもと言った食材を引き立てる味わい深いお味噌です。

先日作られた今年のお味噌はどんな味に出来上がるのか、楽しみですね!


皮の硬い柑橘類で作られたオレンジピールも美味しいと密かに話題になりました。


毎回、心のこもった美味しい手作り料理を食べさせていただいています。
こうしてみると、今日は材料から手作りのものが多く、人のあたたかさが感じられるメニューでした。

ごちそうさまでした!







寒い時はあたたかいご飯が食べたくなりますよね。今回の記事では何度か「あたたかい」という言葉を使っているのですが、
この「あたたかい」を国語辞典と調べると、次のように説明されています。


あたたか・い【暖かい・温かい】
《形》
②[温]ものの温度が程よい高さを保って心地よい。冷たくなくて快い。
 「ー料理」「ポットのお湯はまだー」「井戸の水がー」
⑤[温]愛情や思いやりがこもっている。
 「心のー人」「ーもてなしを受ける」「子供の将来をー・く見守る」
                  
              大修館書店「明鏡国語辞典」より一部抜粋


②の方の意味で「温かい料理」が例として使われていますが、
『②の意味も⑤の意味も両方含んだ料理』 = 『単に物理的な温度が高いだけでなく、人々が丹精を込めてつくった材料が用いられ、愛情たっぷりに手作りされた料理』こそ本当の意味で 「あたたかい料理」はないのではないでしょうか。


母親、父親、祖父母、兄弟姉妹、コミュニティランチ、ご近所さんなどなど、人それぞれ身近なところに「あたたかい料理」を作ってくれる人たちがいる幸せに感謝したいですね。


また来週の水曜ランチも楽しみです!
それでは
暖かい冬で大変助かっております、初めまして野島研究室M1 松葉杖の井上です。


入院のため長らく研究室をお休みしていました。
久しぶりの水曜ランチで心も胃袋もワクワク

今回は動けない私の助っ人として留学生のハク ヨウガイ君も来てくれました。
こちらもブログでは初めましてのハク君です。中国からやってきました


なんでも率先して動いてくれるのでとても助かります。
みなさん気を使ってくれて優しさに包まれています。



IMG_4824.jpg

写真は水曜ランチの様子です。


ランチ中もハク君の出身地のことが話題に。

毎度中国の発展には驚かされる井上でした。
みなさまこんにちは!
中川です。

学部4年生は卒業制作、卒業論文の提出が一ヶ月を切って追い込みの時期に入っています。
頑張る彼らに刺激を受けながら、自分も頑張ろうと思う今日この頃です。


さて、本日は雪がパラつく中今年初めてのたわら屋の営業日でした!

いよいよたわら屋15周年の2019年がはじまりましたね。
3月に卒業してしまう学生もいますが、4月には新しい仲間たちも入ってきます。
今年ものじけん一同張り切っていきますので、みなさまよろしくお願い致します!



DSC_1637.jpg





【番外編】


昨年末、12/30日にたわらやの年末大掃除を行いました。

DSC_1574.jpg

小家主の高嶋が中を綺麗に掃除し、



DSC_1576.jpg

中川が外の玄関周りを綺麗にしました。

たわら屋の顔とも言える青いテントが黒ずんでいたので、雑巾一枚がお釈迦になるほど拭いた結果、「t a w a r a y a 」の文字が雪に負けないほどの白さに見事に復活しましたので、また汚れてしまう前に、みなさんぜひたわら屋にお越しになってチェックしてみてください!



以上、白雪の輝きにも負けない 2019年たわら屋初営業でした!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。