FC2ブログ

みなさんこんにちは。
野嶋研究室のアイドル、M1の中川さんの連投が続く中、大変恐縮ですが
箸休めでB4西本が今週の水曜ランチをお届けいたします!


本日のメニューはこちら


寒い日も爽やか水曜ランチ

ひじきご飯
味噌汁
ほうれん草とあげと大根のおひたし
大根とひき肉の煮物
つけもの
鳥ささみの揚げ焼き

今日は毎週来てくださる福井大学の中島先生に、ボランティアのお母さんから鳥ささみの
揚げ焼きのレッスンがありました笑

また、12/21、田原町でクリスマスのイベントが開催されます!
ご興味のある方、御近くにお住いの方々はぜひお越しください!




みなさんこんにちは。
最近週明けの更新が常習化してしまって反省しております、中川です。

冬の寒さがやってくるのかと思いきや、肌を刺すような寒さはまだ到来していませんね。
まだ雪は降らないのでしょうか。
雪やこんこ!いつでも来いっ!と強気で待ちましょう。受動より能動の方がいくらかマシなはずです。。。


さて、待たずとも毎週やってくる(本当にありがたいことです)水曜ランチの献立紹介へと行きましょう。


先週のメニューはこちら!

DSC_1403.jpg

焼秋刀魚
ロールキャベツ
大根の煮たの
豚肉とごぼうの煮物
ふりかけご飯
お味噌汁
ビスケット
みかん


なんと、秋刀魚まるまる一匹!
大根おろしと柚子、味ぽんをつけることでなんともあっさりした味の秋刀魚は
この時季にかすかに残る(?)秋の名残を感じさせてくれるようでした。


そして、みんな大好きロールキャベツですが、実はお皿に盛り付けた後にバターをトッピングしています。
すぐに熱で溶けてなくなってしまいますが、こういった隠し味的なものも水曜ランチの醍醐味ですね。


しっかり味がついた豚肉とごぼう、ダシの効いた大根もメインディッシュに負けないほど美味しかったです。
(大根の付け合わせの菜っ葉にもしっかり味がついていて、隠れMVPだったりもします。)

今回のメニューで我々が摂取した栄養は計り知れません…

お肉に魚に野菜

冬の福井のどんよりとした曇り空をも吹き飛ばすような栄養満点のスペシャルメニューです。
曇りの日が続くと気分もどんよりしがちですが、

「まだまだそんな時季ではないよ〜」

と秋刀魚さんが身を呈して伝えてくれているようです。

まだまだ冬も序の口です!

ごちそうさまでした!



さてさて、そんなこと言っておきながら、先日一番冬らしいものを作ってきました。

それがこちら

DSC_1406.jpg

クリスマスリースです。
はじめての経験ながら、うまく作れたと思います。
先生が一から十までしっかり教えてくださったからですが。笑

このクリスマスリース
なぜこのようなものを飾るのか、みなさん気になったことはありませんか?(あまりないかもしれませんね…笑)

主にクリスマスリースを飾る理由としては、

魔除け
豊作祈願
新年の幸福祈願

などがあるそうです。

そして、常緑樹が使われる理由としては、季節を問わず緑色であり続けることを強い生命力の象徴だとしたからだそう。
なるほどなるほど、季節に左右されないクリスマスリースの常緑樹のように、寒い冬くらいではブレないこころの持ち主になりたいものですね。


みなさんもたわら屋を訪れた時には、このクリスマスリースを見てその意味合いにあやかってみてはいかがでしょうか。




来週は中川がおやすみなので(水曜ランチはあります!)、再来週にお会いしましょう。
それでは!
皆さんこんにちは。更新が遅くなり申し訳ありません。
先日、勝山市で積雪があったというニュースを見て、今年の冬の到来を実感している中川です。

雪やこんこ あられやこんこの時季がもうすぐやって来そうですね。


それでは、先週の水曜ランチの様子をご紹介します!



水曜ランチ181121


ミートボールとじゃがいものトマトソース和え
ほうれん草とうすあげの煮物
豚肉と麩の煮物
漬物
ふりかけご飯
お味噌汁





今回も全体的にしっかり味がついていて、ご飯によく合うメニューとなっていました。


中でも注目は写真右下のメニューです。
一見、「ん?肉じゃがかな?」となりそうですが、実は違います。
豚肉と一緒に入ってるのは「麩」です。
これがまたしっかり味が染み込んでいて美味しいのです。
柔らかい豚肉に、柔らかい麩の組み合わせはとても優しい舌触りです。
肉じゃがとはまた違った良さがありました。


そして、今回の写真には普段滅多に写さないものが写り込んでいます。
そう、ふりかけの袋です。
明太子と海苔のふりかけなのですが、とても美味しいと皆さんに好評だったので(いつも美味しいふりかけを用意してくださるのですが今回は特に美味しい!)気になった方はぜひどうぞ。

DSC_1326.jpg

ちなみに、スプーンを使って明太子を下からすくわないと、海苔しか出てこないので注意してください。笑
(海苔がたくさん入っていて豪華な証拠でもあります!)


毎回のことですが、くどくないのにご飯が進むのが水曜ランチのメニューの特徴です。
それはきっと味付けの種類の豊富さが関係しているのかもしれません。
今回で言えばトマトソースの酸味、ほうれん草と薄揚げの塩味、豚肉と麩の甘み(砂糖?)といったところでしょうか。
バラエティ豊かな味つけは、食べる楽しさというものを教えてくれているようでした。

色とりどり、味とりどり。


ごちそうさまでした!






冒頭で、雪やこんこあられやこんこの時季が来そうだという話をしましたが、これは、日本人なら誰もが知っている童謡「雪」の一節です。

「こんこ」は「来ん此」のことで、「ここに来い」の意という説が一般的のようです。
雪よどんどん降ってくれーと言っているように感じられます。

また、
「山も野原も わたぼうしかぶり 枯木残らず 花が咲く」
という歌詞は雪を白い花に見立てているようですね。

そう考えると、この歌はとてもポジティブです。
これくらいポジティブに冬を乗り切れるくらいになりたいところです。

ただ、私は歌詞の最後
「犬は喜び 庭かけまわり 猫はこたつで丸くなる」
をみてこう思ってしまいました。

「私は猫になりたい…」

猫が大好きな私はそれはそれで本望だったりもするのですが、そういうわけにはいきません。

歌の中の犬のように、楽しく冬を乗り切りたいですね!
みなさまこんにちは。

いよいよ寒さが厳しくなりそうな気配がしてきたのでタンスの中からありったけの冬服を引っ張り出している中川です。

昨日いろいろとあさっていたら「はんてん」を見つけました。ご存知の方が多いと思いますが「はんてん」は日本の伝統的な室内防寒着です。
はんてんの良いところは、着ると体もこころも温まるような気がするところです。私だけでしょうか。首元とか寒いはずなのに、、、不思議です。


おっと、ついつい前置きが長くなってしまいました。
それではいきましょう、今週の献立です!

DSC_1304_2.jpg




シャケの西京漬け
サラダ
打ち豆、薄切り大根と薄あげの煮物
金時草のおひたし
ごはん
へしこ
お味噌汁



今回は和食寄りのメニューとなりました。



前回の煮魚に引き続き、今回のしゃけも一味違います。
そう、西京漬けです。白味噌と塩麹で煮たしゃけはこれまた臭みの全くない仕上がりで、ご飯が進むこと進むこと。
しかもそのご飯にはへしこものっています。このへしこはしっかり焼く必要がないらしく、焦げ目もなければ、塩分も控えめでかなり食べやすかったです。

もうご飯がとまりません。たった二品だけでもご飯3杯は軽くいけます(個人の感想です)。



そして今回はもう1つ注目すべきメニューがあります。
それが金時草(きんじそう)のおひたしです。
金時草は加賀野菜のひとつなのですが、知らない方のためにビフォーアフターの写真を載せておきます。

DSC_1305_2.jpg

何ということでしょう、緑色と紫色だった金時草がきれいなワカメ色になったではありませんか。

ちなみに、このおひたしは だし で茹でているため、とても深みのある味がついています。
それが茎にまでしっかりとです。今回水曜ランチに来られた方はみなさん口を揃えて茎が美味しいとおっしゃっていました。
おひたしは葉っぱ派の私も今回ばかりは茎派に寝返らざるを得ませんでした。



そして最後に忘れてはいけないのが打ち豆!
煮物にいれても、お味噌汁に入れても美味しい福井の打ち豆。
大豆を用いたこの保存食は冬に重宝しそうですね!


ごちそうさまでした!






さてさて、厳しい冬を乗り越えて人が生きていくためには、「衣食住」がいつにも増して大切になってきます。
たくさんの便利なもので溢れかえっている現代においても、冒頭で述べたはんてん(衣)、今回登場した保存食であるへしこや打ち豆など(食)、伝統的なものが以外にも役に立ったりします。
昔の人ってすごいですね。
フリースじゃなくてはんてん、カップラーメンじゃなくてへしこご飯など、たまには先人の知恵をお借りすることで少しだけ暖かな冬をおくることができるかもしれません。


ちなみに「住」についですが、建築学生にこれを語らせると多分来年になってしまうので今回は省略します、、、笑


福井の冬を乗り切るコツは「先人の知恵」にあり!?


と、いうことで
長々となりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。
また次回お会いしましょう!

みなさんこんにちは。
水曜ランチ、三週連続で中川の登場です。
まだ飽きてないですよね。
そのうち他の人にも登場してもらう予定なので、もう何週かお付き合いください。




それでは行きましょう、今週の献立です!

水曜ランチ181107

煮魚
煮豆
シチュー
たまご巾着
おくら
漬物
ふりかけご飯
お味噌汁

お菓子



今回もやはり全て美味!

煮魚は梅干しと一緒に煮込むことで臭みを取っているそうなのですが、大葉と一緒に食べることでさらに美味しさが増します。
まさに、煮魚のポテンシャルを全て引き出す調理法&食べ方!といったような感じですね。

たまご巾着は、袋状のあげの中に直接生卵をいれて煮込むことで半熟トロトロになるそうです。
生卵と一緒に糸こんにゃくなどお好みの食材を入れれば、オリジナル巾着の出来上がりです。
簡単!

そしてシチューは体の芯まで染み渡りました。
私の大好きなジャガイモ入りです(前記事参照)。

今週もごちそうさまでした!




最近ふと思ったのですが、水曜ランチのメニューは毎回見た目がとても色鮮やかです。
食べ物の見た目の良さは、美味しさを何割か増してくれる効果がありますね。


もちろん、水曜ランチのメニューは目をつむって食べてもすごく美味しいのですが(やったことはありません)、そうした細やかな心遣いが、トータルでの美味しさを生み出しているのだと思います。


以前一人暮らしをしていた頃の中川くんは、

「どうせ食べるのは自分だ、食ってうまけりゃ見た目はどうでもいい」

と、毎回見た目の茶色い料理ばかり作っていました。
お恥ずかしい話です。



やはりそうではありませんね。

「料理は見た目も大事なのですよ」

ということを確と胸に刻んだ一日でした。



水曜ランチに感謝。